普通車の免許で原付バイクも乗れる?オススメバイク紹介付き

普通車の免許で原付バイクも乗れる?オススメのバイクをご紹介!

普通車の免許で乗ることができる乗り物は、何も車だけではありません。
うっかり忘れている人も多いし、あんまり使わない人も多いですが、原動機付自転車、いわゆる原付であれば、普通車免許で乗ることが許可されています。法律上の区分で言うと、「第一種原動機付自転車免許」の運転資格も、普通車免許取得の際に同時にもらえるという理屈になります。

教習の過程で乗る機会もありませんから、その関係で興味を持たない人、私生活で使うこともないために接点が無い人もいるかもしれませんが、原付自体は簡単に(というか、普通車免許取得に要求される知識とノウハウで)操縦でき、比較的安い乗り物にはなりますから、知っておいて損はありません。

高校生などでも、免許を取得した後に最初に乗りこなすのが原付という場合も多いでしょう。車の免許をとったとしても、通学などで車を使うというわけにもいきませんから、軽量で実用的な原付はニーズが高いです。人によっては、原付を運転するために免許を取ろうと考える人もいるでしょう。そのくらい、私たちの生活においては非常に利便性の高い乗り物だと言えます。

ですから、普通車免許取得を目指すのであれば、ついででも構いませんから原付に乗る可能性についても考えてみてもいいかと思います。

よく誤解されますが、原付は何もスクーターだけに限定されません。
確かに、原付というと最も需要があり、利用されているのがスクータータイプのものです。乗りやすく、安価ですから、免許をとってまず最初に乗るもの、最も多く利用する乗り物としての人気は非常に高いでしょう。
しかしながら、せっかく免許を取得したのであれば、やはり普通車免許で乗りこなせる乗り物については詳しくなっておきたいところです。

バイクタイプの乗り物であったとしても、普通車免許で乗りこなせるものは存在しています。普通車免許の基準で言うところの第一種にカテゴライズされるのは何もスクーターだけではないからです。

バイクを乗りこなす楽しみとしてあるのは、やはりクラッチやギアチェンジと言った操作面が挙げられます。スクーターの場合、乗りこなしが平易にこなせる分、こういった操縦感、乗り物を文字通り乗りこなしているという感覚を得るのは難しいでしょう。単純な移動手段としてはスクーターでも不都合はないかもしれませんが、運転としての楽しさ、臨場感を味わう上ではやはり物足りません。
その点、バイクであれば存分に楽しめます。見た目の格好良さも手伝って、乗り物を運転しているという楽しさ、やりがいは十分にあると言えるでしょう。

原付バイク

免許取得の動機にも色々とあるでしょうが、運転の楽しさを味わいたいのであれば、やはりバイクという選択肢は知っておきたいところです。

例えば、ホンダのマグナフィフティ。原付としては大き目の車体で、無給油での走行距離が約400キロと、十分な性能を誇ります。現在は中古でしか入手できませんが、相場は20~30万と、比較的安価に手に入ります。
あるいは、スズキのGS50。バイクとしては入門編と言われており、初心者や女性にはお勧めの機種だと言われています。初心者向けとは言ってもそのスペックは侮れないものがあり、ハイギアでも軽量と、乗り回しやすさには定評がある機体です。

また、国産だけではなく、海外メーカーでも原付バイクは存在します。アプリリアのRS50と言った機体などは、機能性の充実度にも驚かされますが、イタリア製らしい見た目のスタイリッシュさにも圧倒されます。バイク好きからすれば、原付のバイクなんて……と軽視されがちなのかもしれませんが、このように、原付バイクの中にも目の離せない名機は多く存在します。

このように、原付だからと侮れない原付バイクの世界。免許をとったらまずはスクーター、もしくは乗用車という固定観念が強い人もいるかと思いますが、意外と楽しめるバイクの世界も、この機会にぜひ覗いてみてはいかがでしょうか。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

合宿免許に関するご質問・ご相談・資料請求は無料です!!
まずはお気軽にお電話またはメールにてお問合せ下さい♪

I.S.免許センターフリーダイヤル:0120-55-4142
営業時間外・お電話が出来ない場合はメールでのお問合せが便利です。
メールでのお問合せももちろん無料!!24時間365日受け付けています◎

資料請求 空き状況確認問合せ

ページトップへ

ページトップへ戻るあ