普通車免許を初めて更新でチェックしておくべきポイント

普通車免許を初めて更新でチェックしておくべきポイント

普通車免許を取得してから、定期的に訪れるのが更新のタイミングです。きちんと更新の手続きをしないと、ただそれだけでせっかくの免許証が失効してしまいます。もちろん、もう一度教習を受け直して再取得することはできますが、時間的にも費用的にももったいない話です。
更新のタイミングが訪れると、お手元にハガキが交付されます。それでなかったとしても、免許証には有効期限がしっかりと記載されていますから、時期が近づいたら更新のための手続きを行いましょう。

更新自体はそれほど頻度の多いものではなく、手続きの綱領についてはどうしてもうろ覚えになるかもしれません。とはいえ、事故などの関係でこれがただの手続き事項で終わらないというケースもあり得るでしょうから、一般的な概要については抑えておく必要があります。多少面倒くさい印象があったとしても、きちんとこなしておかないと後で後悔することにもなりかねませんから、留意しておく必要があります。

無事故無違反で更新までの期間を過ごすことができれば、更新はそれほど強く意識する必要のないものです。ですが、実際にはそれほどうまくいかないという場面やケースも想定されますから、免許証を取得した後に、更新についてはしっかりと理解をしておきましょう。

免許証の更新は、運転免許センターで更新する場合と、警察署で更新する場合の二通りに分けられます。
まずは、運転免許センターで更新する場合の手続きについて、簡単に説明します。
免許の更新をする場合には、更新期限の前後一カ月の間に申請に向かいます。その際に、保険証などの証明書や、住所変更をするのであれば変更した住民票の写しなどが必要となります。

また、取得期間での違反の頻度に応じて、それぞれに講習を受けます。講習には4種類あり、初回者講習、優良者講習、一般運転者講習、違反者講習です。初回者講習、優良者講習の方は、免許取得期間の間に安全運転してきた方のための講習ですが、一定の違反や事故歴などによっては、一般運転者講習、悪い場合は違反者講習を受ける必要があります。

何らかの理由(妊娠や海外出張など)で更新期間前の手続きを希望する場合も、更新手続きが可能となります。ただしその場合には、母子手帳や出張証明書などの正式な書類の提出が必須となります。
更新された免許証は各種講習が終了した後に渡されます。また、更新時に満70歳を迎えた免許者の場合は、高齢者講習の受講が義務付けられています。

普通車免許を初めて更新でチェックしておくべきポイント

警察署で免許証の更新を行う場合には、免許センターと違って色々な制約がつくので注意が必要です。
基本的に、各都道府県の大抵の警察署では更新可能ですが、更新を受け持っていない警察署も存在します。自分の家からアクセスしやすい警察署が、更新可能であるかどうかは事前に調べておくようにしましょう。
予約をして、期限の前後一カ月以内に更新するのは免許センターと同じです。用意する書類等も同じと言ってよいでしょう。

ただし、運転免許センターにも言えることですが、警察署がどうしてもアクセスしづらいという方もいます。そういう方のために、別の公安委員会を経由しての更新手続きが行える「経由更新」という制度があるのも、警察署での更新の特徴です。これを受けられるのは優良講習を受ける方にのみ限定されますが、更新の制度としては比較的便利な制度となります(ただし、再交付や住所変更の手続きがある場合には、経由更新での更新はできません)。

免許証の交付は、更新後に郵送で送られる場合がほとんどです。基本的に即日交付はないと思った方がよく、経由更新の場合などは、更新してから3週間の間は手元に届かないこともざらです。すぐにでも免許証が必要という方の場合は、どちらかと言えば運転免許センターでの更新の方が便利かもしれません。

お問い合わせ・ご相談はコチラ

合宿免許に関するご質問・ご相談・資料請求は無料です!!
まずはお気軽にお電話またはメールにてお問合せ下さい♪

I.S.免許センターフリーダイヤル:0120-55-4142
営業時間外・お電話が出来ない場合はメールでのお問合せが便利です。
メールでのお問合せももちろん無料!!24時間365日受け付けています◎

資料請求 空き状況確認問合せ

ページトップへ

ページトップへ戻るあ