1. 合宿免許ネクスト
  2. 11月の合宿免許

11月の合宿免許

11月の合宿免許

11月の合宿免許はお申し込みをされる方が少ない時期となりますので、7~9月や1~3月よりお得に免許取得ができます。
ここでは、11月の合宿免許でも格安なオススメプランを厳選してご紹介しています。また、11月入校のメリットや注意点についても解説しておりますので、ご希望のプランを探すときは、併せてご確認ください。

11月の格安プラン

11月入校の合宿免許はどうして安いの?

合宿免許において、学生の少ない11月はお申し込みをされる方が少ない閑散期にあたります。閑散期では、教習所にとっても指導員や教習車をできるだけ余らせたくないという理由もあって、格安で合宿免許を提供しています。

例えば、普通車のAT車教習(3食付)において、お申し込みをされる方が多い繁忙期では税込30万円を超えるプランが閑散期になると税込21万円台に下がることも珍しくありません。

また、教習所の中には、キャンペーンとしてシングルユースを相部屋と同じ安さで販売する所もあります。

7~9月や1~3月の休暇シーズンで免許取得ができなかった方は、格安でお得な11月での合宿免許がオススメです。

11月の合宿免許のメリット・デメリット

メリット

11月の合宿免許のメリットは、ゆったりした雰囲気で合宿生活を送れることです。合宿生が少なくなるぶん教習所にも余裕が生まれるため、教習に関しての質問をできる機会が多くなり、じっくり勉強もできます。また、部屋をシングルユースで貸し切れるプランも多かったり、プライベートの時間も落ち着いて過ごしやすかったりするのも11月の合宿免許のメリットです。

デメリット

教習生が少なくなりますので、合宿生活で新しい友人をたくさん作りたい方にはあまり向いていない時期かもしれません。また、連休が少ないため、まとまった休みが取れない方には入校しにくいシーズンでもあります。

11月の合宿免許・服装の注意点

冷え込みが厳しくなり、多くの地域ではジャケットやセーターが必要になります。日によってはその上にコートも必要になります。

北海道

冬に入る時期です。ダウンジャケット・マフラー・手袋が必須になります。寒さが苦手な人は、下着にもヒートテックなどのタイツを着用するのがオススメです。雪が降りだしますので、コートはフード付き、靴は防水性のものをオススメします。

東北

羽織るものやセーターは、厚手のものをオススメします。寒さが苦手な人は、着脱しやすいマフラー・手袋を持っておくとよいでしょう。

関東・東海・関西・山陽・中国

昼間と朝晩との寒暖差が大きくなります。着脱が簡単なニット類やマフラーを持参するのがオススメです。

九州

ジャケットは、上旬までは薄手のもので大丈夫ですが、中旬以降は厚手のものがオススメです。

沖縄

秋に入り、涼しく天気が安定する時期になります。晴れの日の日中は半そでや薄手のシャツで十分ですが、朝晩は冷え込みますので、薄手の羽織るものを用意しておくとよいでしょう。

© 2020 I.S.Consulting