5月の合宿免許

5月の合宿免許

5月の合宿免許は閑散期となりますので、7月~9月よりお得に免許取得が出来るのでオススメです。特にゴールデンウィークを上手く使っての合宿も可能!ゴールデンウィークはイレギュラーな日程になり易く、数が少ないので早めのご予約を。ここでは5月のおすすめ格安合宿免許プランを厳選してご紹介します。

●メリット
5月入校のメリットは、料金と休日です。合宿免許では閑散期の時期になるため、20万円を切るお得プランがたくさんあります。また、一部教習所では連休とかぶせてプランを組んでいる事もあります。5月は学生以外の希望者が多いですが、上手く休みと合わせれば予定が立てやすい!

●デメリット
5月入校のデメリットは、希望の教習所が連休で合宿を取りやめている可能性がある事です。5月上旬に入校したかったけれど、入校日が無かった…、なんて事も良くあります。希望の日程が無くても、似た条件でお探しする事も出来ますのでお気軽にご相談ください。

5月はゴールデンウィークに入ると一気に暑くなる日が増え、夏日を観測する事も珍しくありません。地域差はもちろんありますが、多くのエリアではシャツ1枚で昼間は十分な程の気温まで上がります。しかし、昼夜の寒暖差が激しく、夜になると未だ肌寒さを感じるため、1枚羽織るものがあると便利です。

【北海道・東北】
5月上旬は未だ寒いと感じる日も多いでしょう。しかし、内陸部では日中に夏日を観測する事もあり、寒暖差が大きい為服装は注意しましょう。

【関東・甲信越・東海・北陸・関西・中国・四国・九州】
春から梅雨に移り変わる季節となり、5月後半で入校する場合は、卒業時には梅雨入りしている事も珍しくありません。柔軟な服装はもちろんのこと、後半に入校する場合は天気予報をしっかりチェックし、折りたたみ傘があると便利です。

【沖縄】
ゴールデンウィークを終える頃、沖縄では梅雨がやってきます。気温も関東や関西と比べると高く、シャツ1枚で過ごせるような準備が必要です。梅雨時期になるため、傘は必須!海水浴は未だ少し早目の時期になるので、沖縄の海で泳ぎたい!とご希望の方はもう少し時期を後ろにする事をおすすめします。

合宿免許のお申込者が少ない閑散期にあたる5月の教習所は、夏休みや春休みの混み合うシーズンとは雰囲気が異なります。

生徒の多さは、教習所の規模にもよりますが、目安としては「3月や8月の混み合う季節の3~4割程度まで減少(※)」します。さらに、多くの場合は通学生の数も5月(特にゴールデンウィーク終わり)には減ってきます。このため、教習所にゆとりが生まれ、部屋に空きが多い(予約が取りやすかったり安いプランが増えたりする)、質問が気軽にできるなどのメリットがあります。

年齢層でいえば、多くの場合30歳以上の方の割合が増えてきます。理由としては、特殊車の免許を取りに行く人が増えること、多くの教習所で閑散期に対象年齢が広がることがあげられます。ご自身と世代の近い人が多い教習所を探したい方は、各教習所ページの取り扱い車種や注意書き(年齢制限)を参考にするとよいでしょう。

多くの教習所では、教習生の数が少なくなり、年齢層も高くなるので、教習所内はやや落ち着いた雰囲気になります。ただ、教習所の規模や取り扱い車種・対象年齢などによって雰囲気は異なる部分も少なくありません。ご希望の教習環境がございましたら、「合宿免許ネクスト」よりお問い合わせください。ご希望に添える教習所をお探しして、最適なプランを提案いたします。

※2019年に合宿免許ネクストを運営するI.S.免許センターを通して入校された方の数を基に比較しています

I.S.免許センターフリーダイヤル:0120-55-4142
営業時間外・お電話が出来ない場合はメールでのお問合せが便利です。
メールでのお問合せももちろん無料!!24時間365日受け付けています◎

合宿免許の資料請求 合宿免許の空き状況を確認する
トップページに戻る