三重県の合宿免許/教習所

三重県で合宿免許を行なっている教習所(自動車学校)を紹介します。

三重県で教習所を選ぶ

三重県の教習所

紀伊自動車学校

美しいロケーションと栄養バランスに優れた食事

雄大な太平洋が広がる美しいロケーションの中で教習を受けられます。
栄養バランスに優れた食事のメニューも大人気!大阪や名古屋から乗り換えなしの一本で行けるためアクセスも良好です。

  • 普通車

紀伊自動車学校

三重県で合宿免許を取ろう!

三重県ってこんなところです

三重県は愛知県と奈良県、和歌山県と接していますが、実は滋賀県や岐阜県とも接しています。
私鉄最大級の近鉄電車が名古屋や大阪、京都と結び、アクセスが大変便利な土地です。

また、テーマパークが多く、夏はジャンボ海水プールでおなじみの「長島スパーランド」、冬にイルミネーションが素敵な「なばなの里」、今年ルイス・ハミルトンが優勝したF1サーキットとして世界的に有名な「鈴鹿サーキット」、異国気分を味わえる「志摩スペイン村」とさまざまです。

観光名所としては、「伊勢神宮」がございます。
地元の方からは「お伊勢さん」と親しみこめられている土地です。内宮と外宮があり、内宮には「天照坐皇大御神」が祀られ、皇族との結びつきが強く、天皇陛下がご参拝されます。昨今ではパワースポットとしても有名です。

また、内宮の門前町として「おかげ横丁」があり、赤福や海産物を楽しむことができます。特に夏は赤福氷をおすすめします。

三重県は山が多く、熊野古道や御在所岳など登山のメッカも多数あります。
県庁所在地は「津」市で、日本で一番少ない文字の市です。

合宿免許で三重県の特産を楽む

おみやげとして有名なものは「赤福」で、多くの駅で販売しています。
また、伊勢湾は海産物が多くとれ、あおさの味噌汁なども伊勢の味ではないでしょうか。

おかげ横丁では、「伊勢うどん」という文字をよく目にすることになります。
伊勢うどんとは黒く濃厚なたれをうどんにからめて食するもので、伊勢市を中心に食されているものです。

桑名市ではハマグリが特産物として有名で「その手は桑名の焼き蛤」という言葉遊びがあるほど。

三重県伊勢といえば「伊勢エビ」! 伊勢エビは三重県の県の魚にも指定されており、県内で獲れた伊勢エビは三重ブランドにも認定されています。

アワビも有名。 主に鳥羽地方、志摩地方で海女漁業によって収穫されており、伊勢神宮の神様にお供えする神饌(しんせん、神様の食事)としても有名です。

他にも的矢かきが有名で志摩市の的矢湾で生産されるカキで三重ブランドにも認定されているほど!
渋みが少なく、甘みが強いのが特で、生産者と直接取引のあるレストランやホテルで食べることができます。

他にもフグや伊勢牛など。工芸品では萬古焼や鈴鹿墨、伊賀くみひもなど。
合宿免許の合間の時間を使って三重の特産物に触れてみるのも楽しみの一つです♪

三重県の合宿免許と他のエリアの違い

近鉄電車の影響もあると思いますが、大阪、京都、奈良、名古屋からのアクセスの便が良いということもあり、三重県にある教習所にはさまざまな地域の教習生が集まります。

また、旅行先としても人気のあるスポットです。
通常「合宿免許」を行っている教習所の多くはどちらかというと田舎にあることが多いため、たくさんの観光スポットやグルメを堪能することはなかなかできません。

せっかく地元から離れた場所へ行くなら楽しみたいという方には、旅行先としても人気の三重県がおすすめです。

三重県の合宿免許を選ぶメリット

メリットはパワースポットが多いので、免許と一緒にパワーも得ることができることです。
教習所によっては入校特典としてパワースポットとして有名な「伊勢神宮」や「おかげ横丁巡り」へ出掛けることができる学校もご案内。

また、大阪や名古屋から乗り換えなしの一本で行けるため、アクセス便利な教習所もあり、食ことでは贅沢な海の幸を堪能することもできちゃいます♪
東部には日本の渚百選にも登録された雄大な太平洋が広がっていて、美しいロケーションの中教習を受けることができるのでそんな魅力たくさんな三重県で合宿免許はいかがでしょうか!?

© 2020 I.S.Consulting