3/2(土)は休業いたします。
あらかじめご了承ください。

  1. 合宿免許ネクスト
  2. シーズンから探す合宿免許特集
  3. とにかく安い合宿免許プランを厳選!予算別で選べる免許合宿

とにかく安い合宿免許プランを厳選!予算別で選べる免許合宿

とにかく安い合宿免許プランを厳選!予算別で選べる免許合宿
とにかく安い合宿免許プランを厳選!予算別で選べる免許合宿

2024/01/10

普通車ATの最安が税込198,000円。値段重視の合宿免許をピックアップしてご紹介します。予算別でプランを選べる特集も企画。少しでも安く実現したい方におすすめの情報満載です。

全国最安値の合宿免許

東日本で最安値の合宿免許

西日本で最安値の合宿免許

予算別のおすすめ合宿免許プラン

20万円以下の合宿免許

20万円以下の合宿免許は以下のプランのみとなります。

20万円~22万円の合宿免許

22万円~25万円の合宿免許

安い合宿免許を選ぶときの注意点

料金重視で合宿免許を選び最安値で申込ができた!と歓喜をあげるのも束の間、よくよく確認したら希望条件と異なっていたという失敗はよくあります。料金は安い方がもちろん良いですが、安いだけではなく注意して確認すべき項目をまとめました。

交通費支給があるかを確認しよう

合宿免許は教習、宿泊、交通費がセットになっている料金で提供しているのが一般的ですが、中には交通費支給が無いプランもあります。交通費支給が無い分、合宿免許の料金を安くできるという仕組みですね。交通費が安い場合は問題ありませんが、遠方の場合は逆に高くなってしまうことがあるので注意です。

食事の有無、自炊と食事無しプランの違い

食事が無いプランは3食付と比べて料金が安くなっている傾向があります。ここでポイントなのが、自炊できる環境があるかどうか、全て外食(コンビニ、またはレストラン)になるのかを事前に確認しましょう。コンビニでも外食でも自炊が出来ない場合は食費がかなりかかります。結果的に3食付プランより高くなってしまったという失敗談もあります。

生活環境の質は問題ないか

料金と生活環境の質は比例すると考えて、口コミや宿舎環境を事前に確認すると良いでしょう。建物が古かったり、食事に力を入れてないプランだったり、安い合宿免許は何かしら理由があります。

部屋が大きくないと落ち着かない…!ホテルみたいな環境じゃないと寝れない…!このように高い生活環境を希望する方は、2週間の合宿免許で生活でのストレスが溜まり、教習どころではなくなってしまいます。

相部屋プランなのかシングル(一人部屋)プランなのかを確認

部屋プランでは相部屋の方が料金が安い傾向にありますが、他の方が同室で問題ないかどうかが重要です。一人部屋じゃないと寝れない…、と考える方は少し料金が高くてもシングルプランを選びましょう。

合宿免許の料金が安い理由

普通車ATの合宿が22万円以下と聞くと、誰もが安いと感じるでしょう。通学よりもはるかに安く、宿泊先もセットになったプランを提供することができるのか。その理由を解説します。

オフシーズンの合宿免許はとにかく安い

主な理由としては、オンシーズン(1月~3月・7月~9月)に比べ、入校者が極端に少ない事があげられます。まずは、オフシーズンとオンシーズン間でどれだけ入校生が増減するか見てみましょう。

各月の合宿入校者数の増減

上の表は、2019年に当社を通じて申込んだ方を、月別に分けた時の数です。オフシーズンはオンシーズンに比べて入校者数が半分程度に落ち込んでいます。では、なぜそこまで入校者数が落ち込むのでしょうか。2019年のオフシーズン・オンシーズンの入校者(当社を通じて申込んだ方)の層を見てみましょう。

オフシーズン・オンシーズンの入校者層

合宿免許のオンシーズンは、ほとんどの場合高校生・大学生など学生の長期休暇のシーズンに当たります。合宿免許はまとまった日程が必要になりますので、学生が長期休暇を利用して免許取得を目指すケースが多くみられます。このようなケースでは、ほとんどの場合で取得免許は日常で使える(=需要が高い)普通免許や普通二輪免許になります。

さらに、通学生の中にも長期休暇を利用して教習を受けようとする学生もいます。
このため、春休みや夏休みはスタッフの人数に対して入校者の比率がとても高くなるため、オンシーズンは料金が高くなってしまいます。

逆に、オフシーズンの客層は、キャリアアップを志す社会人や、まとまった休みを確保できた人がメインになります。キャリアアップで取得する免許は中型車・大型車など特定の職業でのみ使うものがほとんどになります。

また、普通車AT教習で最短14日・合宿普通二輪MT教習で最短8日かかることを考えると、まとまった休みを確保できる人は少なくなります。

そのため、自然とオンシーズンよりも入校者が少なくなり、スタッフの人数に対して入校者の比率が低くなるため料金を抑えることが可能になります。

合宿免許の料金のシステムをもっと知りたい方は、次のページもあわせてご覧ください。

合宿免許でなるべくお得に入校するには?値段の仕組みや相場も解説!

オフシーズンの合宿免許が安い理由まとめ

上部で解説した通り、繁閑の差が極端に激しい教習所では、オンシーズン(繁忙期)で必要な人員を確保するとオフシーズン(閑散期)で人員があまってしまいます。また、車両やその他設備も同様です。

するとオフシーズン(閑散期)で人員があまってしまいます。また、車両やその他設備も同様です。
オフシーズンで設備や人員を持て余すくらいであれば、入校者が0名よりかは少しでも入校者がいた方が良いと判断し、格安のキャンペーンを打ち出したり、料金を下げて提供したりと経営努力をしています。

オフシーズンで合宿免許を実現できる方は、この恩恵を受ける事ができますので、とても安く合宿免許を実現することが出来るのです。

合宿免許の料金の相場

合宿免許はシーズンにより料金の相場が大きくことなり、繁忙期では35万円以上、閑散期では25万円前後が料金の相場です。

合宿免許の料金の推移

詳しくはこちらで解説してますのでご参考ください。

合宿免許でなるべくお得に入校するには?値段の仕組みや相場も解説!

合宿免許を料金以外のこだわりで探したい方へ

合宿免許の料金は安ければ安いほど嬉しいですが、生活環境など他の条件で希望に沿えなければ理想のプランとは言えないでしょう。一人部屋で人気のプラン、ホテルの贅沢プラン、自炊プラン、食事が好評なプランなど、他のこだわりでも探したい方はこちらからご参考ください。