1. 合宿免許ネクスト
  2. 目的から合宿免許を探す
  3. 外国籍の方も受入歓迎の合宿免許/教習所

外国籍の方も受入歓迎の合宿免許/教習所

外国籍の方の受入歓迎の教習所では、日本で暮らす外国籍の方でも日本語の日常会話/読み書きができれば安心して教習できるよう環境を整えています。

外国籍の方も歓迎の自動車学校/教習所について

ここでは、日本語の読み書きができれば(※)外国籍の方も受け入れている自動車学校・教習所を紹介しています。

外国籍の方を受け入れているだけでなく、外国語を話せるスタッフがいたり、外国語の教本があったりと、サポート体制がしっかりしている所もあります。
どの言語に対して、どのような対応ができているかは、教習所によって異なります。

各教習所トップページの「オススメポイント」欄をご覧いただくとともに、ご自身の状況やご不明な点を「合宿免許ネクスト」スタッフまでお問い合わせください。

はっきりとした基準は設けられていませんが、日本人がいつも話す速さで、問題なくコミュニケーションがとれる程度の日本語力が必要になります。

外国籍の方が「合宿」で「免許を取得する」理由

外国籍の方が日本の免許を一から取得しなければならなくなる要因は、主に二つあります。

一つは、もともと免許を持っていない場合です。
もう一つは、外国で免許を持っていても、日本で通用(※)しないかつ切り替えが難しくなる場合です。

特に後者は、お持ちの免許証を発行している国や、書き換え先になる都道府県警の免許管理体制によっては、合宿で一から教習を受けて本免許の学科受験を残すまでにこぎつける方が早い場合もあります。
外国籍の方が日本の免許を一から取得するときに、短時間で免許が取れる合宿免許は一つのよい手段になるのです。

2019年現在日本で通用する運転免許証には、日本の免許証、ジュネーブ条約に基づく国際免許証、自動車等の運転に関する外国(国際運転免許証を発給していない国又は地域であって日本と同等の水準にあると認められる免許制度を有している国又は地域)の免許証があげられます。

外国籍の方が免許を取得するときの注意点

外国籍の方が合宿免許を受けるには、在留カードが必要になります。
その更新期間が入校期間中に切れると、教習に支障があります。合宿に向かわれる前に在留カードの更新手続きを行い、カード提出時には有効期間に余裕があるようにしておきましょう。

在留カードの更新時期に気を付ける

外国籍の方が合宿免許を受けるには、在留カードが必要になります。
その更新期間が入校期間中に切れると、教習に支障があります。合宿に向かわれる前に在留カードの更新手続きを行い、カード提出時には有効期間に余裕があるようにしておきましょう。

延泊する可能性が高い

教習においては、専門用語が出てきたり、授業のテンポが速かったりして、教習についていけず延長になることも多くあります。
しかし、合宿免許が延長になってもどこまで保証されるかは、国籍によって異なることはありません。合宿プランを探す際は、ご自身の年齢やご希望のプランと各教習所の料金表・入卒日ページの保証表とを見比べるとよいでしょう。

本免許の学科試験で適用できる言語は少ない

合宿での教習や試験が終わった後にも、本免許の学科試験が待ち構えています。
本免許の学科試験においては、英語や中国語で受験可能な都道府県がいくつかあるだけで、その他の言語で受験可能な都道府県は少なくなります。日本での住所地である都道府県警察が運営するページから受験可能な言語を調べておきましょう。

このように、外国籍の方は日本で合宿免許を受けると、少し注意したい点・ハードな点が見られます。ここで挙げたような対策も頭に入れて教習所探しをするとよいでしょう。

外国籍の方も受入歓迎のオススメ教習所

© 2020 I.S.Consulting