1. 合宿免許ネクスト
  2. 10月の合宿免許

10月の合宿免許

10月の合宿免許

10月は合宿免許のオフシーズンに入り、キャンペーンを行う教習所が出てきます。そのため、安い価格で合宿免許を受けやすくなるシーズンになります。
「合宿免許ネクスト」では、10月の合宿免許で格安なオススメプランを厳選してご紹介しています。
また、10月入校のメリットや注意点についても解説します。ご希望のプランを探すときは、併せてご確認ください。

10月の格安プラン

10月の教習所の雰囲気ってどんな感じになるの?

ほとんどの教習所では、「合宿生の数が少なくなる(※)」ことから、落ち着いた雰囲気になります。
合宿生の層で言えば、対象年齢が変わったり学生層が減ったりするため、年齢層が広がり社会人の方も増えてきます。

2019年に合宿免許ネクストを運営するI.S.免許センターを通じて合宿免許に行った人の総数では、「8月:1,158名/9月:833名」に対し、「10月:340名」に落ち着きました。

一人で行くけど大丈夫?

10月に入校予定の方からこのような声をよく伺いますが、裏を返せば合宿免許は一人で行く人が大半を占めています。教習所でも、一人で入校する方のためのプランを充実させているところが多くあります。

セキュリティの面では、ほとんどの教習所及び宿舎がしっかりしているため安心です。特に、女性の方から一人で合宿免許に行くことに関する質問が寄せられているのですが、女性専用の合宿プラン、または宿舎を用意している教習所もあります。詳細については、お気軽にお問い合わせください。

10月の合宿免許のメリット・デメリット

メリット

10月の合宿免許の最大のメリットはお得な料金です。キャンペーンを利用して20万~21万円台のプランでお申し込みすることも可能です。その他には、教習生が少なくゆったりとした雰囲気で学べたり、指導員の方に質問できる機会が多くあることもメリットの一つでしょう。

デメリット

他の地域から来ている方との交流ができることは合宿免許の一つのメリットですが、10月はオフシーズンで教習生が減ってしまうとから、教習生が多い時期と比較すると他の教習生と交流ができる機会も少なくなってしまいます。

10月の合宿免許・服装の注意点

10月は季節の変わり目となり、行先により服装などの持ち物で注意が必要です。寒暖の差が大きく、日によって気温が異なるほか、同じ日でも朝夕は冷え込むといったこともあります。

北海道

冬に差し掛かり、冷え込みが厳しさを現します。ジャケットやセーターはもちろん、外出時には薄手のコート・手袋・マフラーも必須になります。

東北

秋も深くなり冷え込むため、長袖のシャツとジャケットのほか、外出時には薄手のコートが必要になります。

関東・北陸・東海・関西・中国・四国

長袖のシャツの上にカーディガンやジャケットが必須になります。

九州

朝晩の気温差が大きく、半そでと長そでの使い分けが必要になります。ロールアップなど袖の長さを調節できるシャツを用意し、薄手のカーディガンやベストもカバンの中に用意しておくとよいでしょう。

沖縄

夏が終わりを迎える季節です。半そででも問題はありませんが、紫外線や冷たい風を防ぐため、薄手の羽織物や長袖のシャツを用意するとよいでしょう。特に下旬から涼しくなってきますので、上に着るものは必須といえます。

© 2020 I.S.Consulting