1. 合宿免許ネクスト
  2. 目的から合宿免許を探す
  3. 女性にオススメの合宿免許/教習所

女性にオススメの合宿免許/教習所

「合宿免許に行きたいけど女の子1人だと不安」という方は要チェック!
女性にオススメの教習所では、女性専用のプランや女性に優しいプランのあるところが揃っています。

女性でも安心/快適の合宿免許

近年、合宿免許に行く女性の入校性が増え、女性一人で行くことも特別ではなくなっています。
その中で、ここで紹介されている教習所では、女性でも不安なく楽しい合宿生活を送っていただくため、様々な取り組みを行っています。

教習所によってどんな取り組みを行っているかをいくつかご紹介します。

女性用の宿舎が過ごしやすく一人でも安全・快適

合宿生活の安全性が不安に感じる方、合宿生活の質を高めたい方にオススメ!
教習所の宿舎の中には、セキュリティが厳重なことはもちろん、清潔感が高いところや生活設備が充実しているところもあります。
また、このような宿舎のある教習所の中には、校舎のセキュリティや過ごしやすさも強化していたり、女性専用のプランを用意していたりするところもあります。

ご飯が美味しくてヘルシーなら合宿生活も元気

「合宿生活を元気に過ごしたい」という方にオススメ!
教習所の多くは、体力を使う教習生活を乗り切れるように食事を充実させていますが、その中には量が選べる/食事が美味しいだけでなく、サラダバーなどヘルシーなメニューを用意している場合もあります。

入校特典が豊富だから合宿生活が楽しい

「折角の合宿免許だから楽しく快適にしたい」という方にオススメ!
教習所の中には、温泉入浴券プレゼントなどのサービスを行っているところがあります。

女性の特定宿舎専用の場合もあります。

質が高く丁寧な指導で教習生活を乗り切れる

教習の厳しさ・難しさが不安に感じる方にオススメ!
ここでは、指導の仕組みに工夫がある教習所や、「わかりやすい指導で不安も解消した」と評判がある教習所も紹介しています。ここで挙げられている教習所のほとんどが、セキュリティはしっかりしています。

いっぽう、その他の取り組みがどこまで工夫されているかは教習所によって異なります。合宿プランにおいて「指導がしっかりしている教習所に行きたい」「宿舎はこれがないと嫌だ」といった点があれば、「合宿免許ネクスト」までお問い合わせください。
プロのスタッフが最適の教習所・プランを探してご提案いたします。

女性の合宿免許と持ち物

合宿免許に女性が向かう際は、持ち物や服装において気をつけること/用意すると便利なものが多くなりますので、いくつかのテーマに分けてご紹介します。

教習を受けるための服装に注意

合宿免許では、男女問わず運転に支障がない服装(二輪では普通車より条件が少し厳しくなります)で教習を受けることになります。
そのため、女性はスカート(特にミニスカート)・ブレーキを踏みにくい靴(サンダル・ハイヒールなど)、長い爪(付け爪含む)は不可になります。

また、ほとんどの教習所では、胸元や肩、足など露出が多い服装も禁止されています。
着替えは、洗濯で着回せることも考えると下着は4~5日分、上はそれより少ない数の服装を持っていけば十分です。
それでも、運んだり洗濯したりすることが面倒になりますので、衣類圧縮袋や洗濯ネットもあわせて持っていくことをオススメします。

身だしなみのために持っていくものは?

合宿生活においても身だしなみをしっかりさせておきたい方は、コンパクトで持ち運びの簡単なメイクセットを持っていくといいでしょう。
セットには鏡も付いている方が便利です。メイクセットを持っていくなら、スキンケア用品やメイク落としも忘れないようにしましょう。

髪の毛を整えるグッズでは、備え付けがないヘアブラシはもちろんのこと、ドライヤー(旅行用サイズ)も持っておくとよいでしょう。
また、教習所では遅刻ができないことから、髪留めのゴムなど素早く身だしなみを整えられるものを用意してくるのもオススメです。

ドライヤーの持参を考える方は、電気設備の関係のため、お泊りの宿舎で持参可能かご確認ください。

ドライヤーは備え付けがない場合があります。

衛生用品も忘れずに

女性が合宿免許に向かう際には、様々な衛生用品が必要になることがあります。
まず重要なのがポケットティッシュです。男女問わず、数袋は用意するとよいです。次に持っていくとよいのが綿棒です。

化粧直しから耳かきまで使えるので、特に女性にとってはあると便利になるでしょう。
その他持っておくとよい衛生用品には、消臭スプレー(特にトイレが共用の場合)や生理用品などがあります。

夏や冬は激しい気候の対策をしよう

夏・冬の両方で重要になるのが、お肌の乾燥対策です。
エアコンを動かしていると乾燥しやすい(特に雪が降らない地方の冬)ので、保湿力の高い化粧水など、季節に合わせた保湿スキンケア用品を使うとよいでしょう。

夏に重要になるのが日差し対策です。
日焼け止めなどで運転中のお肌を守るのはもちろん、校舎や宿舎の場所によってはコンパクトな日傘か帽子を用意して、屋外で歩いても体力を消耗しないようにしましょう。

一方、寒い冬は防寒対策が必要になります。
コート下の上着も防寒・防風のものにするほか、部屋着にも暖かい靴下や羽織るものを持っておくとよいでしょう。また、帽子は寝ぐせ隠しにもなるニットキャップがオススメです。

このように、用意するとよいものが増えると荷物も大変になると思います。
しかし、教習所の校舎や宿舎の設備やロケーションによっては、現地調達が可能なものもいくつかあります。合宿免許の準備をする際は、ぜひ設備やロケーションの情報もご確認ください。

女性にオススメのオススメ教習所

© 2020 I.S.Consulting