1. 合宿免許ネクスト
  2. 合宿免許とは

合宿免許とは

免許の取得方法には、近くの教習所へ通う「通学免許」と遠方の教習所へ通う「合宿免許」があります。
「合宿免許」とは、一定の期間で宿舎やホテルなどの宿泊施設に滞在し、教習を集中して受けるという方法です。様々な点で「通学免許」とは異なり、「合宿免許」ならではのメリットもあります。

合宿免許のメリット

短期間で免許習得できる

卒業までの期間がどのくらい短いかといえば、普通車ではATで最短14日、MTで最短16日、二輪では最短期間さらに短くなります(教習所や入校日により多少異なります。
また『合宿免許ネクスト』では普通ATの最短日数が13日のプランも紹介しております)。

合宿免許では、教習所への入校から卒業まで、無理なく効率的なスケジュールを教習所が組んでくれます。通学では学生生活や仕事と並行しながらの受講になるため、日々の予定との折り合いをつけながらスケジュールを組まなければなりません。さらに、通学の場合に技能教習は長期休暇や休日に予約をとりにくいこともあり、受講期間を大きく長引かせる一因となってしまいます。
しかし、合宿では技能予約の必要がないため、自分が免許を取得したい日までのスケジュールが立てやすいというメリットがあります。

「近いうちに免許が必要だ!」「通学免許じゃ予約がとりにくい…」という方は、ぜひ合宿免許を活用してみましょう!

格安で免許習得できる

合宿免許の料金の中には、通学教習の料金よりも安いものがあります。
また、合宿免許の料金は教習費用をはじめ、宿泊代・食費なども込みのパック料金となっており、コストパフォーマンスが良いことがメリットです。
さらに、教習所の多くは交通費用の一部を支給しております。(大部分を支給してもらえる教習所もあります。)

教習費用に関しては、ほとんどの教習所で卒業まで保障するプランを採用していることから、補修や再検定時の追加費用が発生しないため安心です。その上、教習所によっては名所巡りなど教習所ならではの楽しい体験が入校特典としてついてきます。「免許だけでなく楽しい思い出も同時に手に入れる」というのも合宿免許の魅力です。

教習所・年齢・入校時期によって違いがあります。詳細はお問合せ下さい。

空き時間を楽しむ

日常生活から離れて、「合宿先で普段ではできない貴重な体験」を味わう。これが合宿免許の醍醐味といえるでしょう。

合宿生活では、地域や年齢、職業などが異なる多様な人々と出会い、新しい友人を作ることもできます。もちろん、その地域ならではの景色や特産物、名所など、たくさんの魅力があります。

全国にある教習所の中には、入校時に親睦を深めるイベントを用意している学校もあり、教官や教習生たちとコミュニケーションをとれる機会もあるため、1人で入校しても安心です。また、名所巡りやご当地グルメなど、その地域の教習所ならではの入校特典を用意している教習所も少なくありません。ぜひ、色々な教習所を見比べて、イベントや特典をチェックしてみて下さい!

合宿と通学違い

車の免許を習得するのに合宿免許と通学免許という2種類の方法があります。
この2つのどちらを利用した場合でも運転免許の取得は可能となりますが、合宿と通学には大きな違いがあります。

合宿免許

合宿免許の場合は、合宿施設(教習所が用意する宿泊施設)に泊まり、短期間で免許を習得ことができます。

期間について
合宿免許で普通車免許を習得する場合は入校から卒業までAT車は最短14日、MTは最短15日間で卒業することができます。教習期間中になんらかの理由で延長が発生した場合は卒業日がずれてしまいます。また、合宿期間中は原則帰宅することができませんのでご注意ください。
費用
合宿免許の場合、料金はAT車19~35万円、MT車21~38万円程度になります。時期や季節によって料金が大きく変わる場合もありますので、合宿料金をご確認してからお申し込みください。

通学免許

通学免許の場合は、自宅から近くの教習所に通い、入学から卒業までのスケジュールを自分で組むことができます。そのため、合宿免許よりは自分の時間で教習を進めやすくなります。

期間について
通学で免許を取得する場合、最短でも毎日通学して1ヶ月になります。合宿免許に比べると期間は長くなります。さらに、オンシーズンだと学生が多くなり、さらに長い期間がかかってしまいます。
費用
通学の場合、料金は28万円~33万円程度になります。場所やプランによって変わってきますが、基本的には大きく料金は変わりません。

合宿免許のデメリット(注意点)

免許の取得方法には、近くの教習所へ通う「通学免許」と遠方の教習所へ通う「合宿免許」があります。
「合宿免許」とは、一定の期間で宿舎やホテルなどの宿泊施設に滞在し、教習を集中して受けるという方法です。様々な点で「通学免許」とは異なる「合宿免許」ならではのメリット、デメリットについてお話します。

タイトなスケジュール

合宿免許は休憩や自由時間はありますが、基本的に朝~夜まで教習所で過ごします。普通車の合宿免許の場合、1日3時間から5時間くらいの教習を受けて、空き時間が2時間程度ある状態が約2週間続きます。
空き時間にコンビニエンスストアやスーパーなどの近隣への外出程度の時間しか確保することが難しく、約2週間の間はずっと勉強をしなければなりません。

自由がすくない

1日のスケジュールが決まっていますので自分のペースで調整することがなかなかできません。
「この日までにここまで」とスケジュールが決まっており個人の都合で変更することができません。免許取得を第一に考えたプランなので、ご自身が合わせなければなりません。

都会での運転が不安に

合宿免許は都会から離れた場所にあることが多く、路上教習の時は走る道路は交通量が少なくなっています。
そのため、運転免許取得後に交通量の多い都会での運転になれるまでは不安が残る可能性があります。

長期的な休みが必要

合宿免許を希望する車種にもよりますが、最低でも2週間以上の休みが必要になり、働いている方は仕事やアルバイトを長期で休む必要があります。

合宿免許が向いてる人

合宿免許は短期間で安く免許の取得ができるのが魅力です。
そこで、合宿免許に向いているのはどんな人?

安心して教習を受けたい方におすすめです。
通学免許では、修了検定や卒業検定に不合格になると追加料金を払って合格するまでお金がかかり続ける場合があります。その反面、合宿免許には保証があり、検定が不合格になっても宿泊費や食事代の追加料金の請求もないプランもあるので、安心して免許を取得することができます。

また、お金と時間を気にする方にもおすすめです。
合宿免許は、通学免許よりも安くて短期間で免許の取得ができます。料金も通学免許で行くよりも数万円安くなる傾向にあります。入校から卒業までの宿泊費や食事などを保証してもらえる教習所も多いので、本人のやる気さえあれば確実に運転免許の取得ができるでしょう。追加料金が発生しないプランを選べば費用面も安心です。

© 2020 I.S.Consulting